エコロジックステージ COMPLETE PAFORMANCE
安心の標準性能
COMPLETE PAFORMANCE 安心の標準性能
言わずと知れた地震大国日本、東日本大震災以降さらにその安全性は必要不可欠になりました。最低限命を守るために倒壊しない家造りは必要不可欠ですが、自然が相手となれば、絶対ということはありません。そこでギザホームでは対策として以下の3つを掲げました。
GIZA HOMEの安心設計
GIZA HOMEの安心設計
1)耐震性
まずは耐震性、構造はオール4寸の骨太構造で建物の外周面は、耐力面材モイス(壁倍率3.8倍)を使用、さらに必要な場所には筋違を入れることにより、軸組み工法と面構造の両方の耐震性を持ち合わせた耐震構造。
耐力画材モイスの印刷用PDFデータ
GIZA HOMEの安心設計
2)制震性
次に制震性、制震は建物内部の機構により減衰させたり揺れ幅を抑えたりすることで建物の揺れを軽減させることです。
ギザホームでは、制震装置ジオフォルテを全棟に標準装備しています。
地震が発生するとセンターフレームが制震ダンパーに地震エネルギーを効果的に伝達し「高減衰ゴム」が地震エネルギーを熱エネルギーに変換吸収し建物の揺れ幅を大幅に軽減します。
制震装置ジオフォルテの印刷用PDFデータ
GIZA HOMEの安心設計
3)軽量化
さらに建物の軽量化、東日本大震災では多くの瓦屋根が崩れ落ちるなど重い屋根や壁が揺れ幅を増すことが分かりました、そこで軽くて耐久性の高いガルバニュウム合板の屋根材や壁材、また壁にはレッドシダーなどの無垢の木質サイディングなどの軽くて耐久性の高い素材を全棟標準仕様とすることで一般の住宅と比べこれらの重さを約3分の1以下にと大幅に軽減することが出来ました。(一般の窯業系サイディングは重量が重いため使用いたしません)
軽量設計のサイディング「はる一番」印刷用PDFデータ
ウエスタン・レッドシダー印刷用PDFデータ
無公害木材保護保持材WoodLong-Eco印刷用PDFデータ
この3つの耐震・制震・軽量により本物の安心を作り上げました。その上、次世代省エネルギー基準の断熱性能や炭の成分を用いた防蟻処理剤エコパウダーBX、内装においては床・建具には無垢・無垢の集成材、壁は全室健康塗り壁とします、(ビニールクロスの壁や新建材といった材料は使用いたしません)
こうした標準性能でお客様に本物の安心・安全・健康な住宅を提供いたします。
Copyright (C) 2012 Giza Home.All right reserved.
株式会社ギザ・ホーム
〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町1164-2 TEL:045-620-7591 FAX:045-620-7593